Proffessional Enginner Examination is easy, simple, prease will be great Engineer Professer

2級建築士試験

2級建築士試験

2級建築士製図試験に合格するための知識や製図テクニックを、最も合理的な方法で経験豊富な現役講師が直接指導します。

設計製図対策にあてる時間がなかなか確保できない。
どのような製図をすれば、減点が少なくてすむの。
いまの設計製図対策でほんとうに大丈夫なのだろうか。
情報がたくさんありすぎて本当に重要な部分がわからないよ。
みんな試験予備校に通っているから、受験生の差が少ないのでは。

本指導の要点は、大きく2点です。
1.合理的な作図方法とその練習方法
2.設計製図試験の採点基準とは

1.合理的な作図方法とその練習方法について
合理的な作図とは、短時間で描くことです。
製図板を持ち込んで定規を使用して描くのが当然と思われがちですが、わたし達の講座ではT定規は主役ではありません。作図をするにあたって、直接書いた方が早いところは、定規は使用しません。しかし、寸法線や、敷地境界線など定規を使用して一気に引いたほうが早いところは定規を使用します。
部屋にあるソファーや流しなどは、直接書きます。階段も定規は使いません。それで描いた図が以下です。画像の説明

みなさんはきれいに描くために定規を使用しているはずですが、それと遜色しない図面が表現できることに驚かれると思います。

↓全体図も参考にしてください。
画像の説明

これをフリーハンドというのですが、もちろん練習が必要です。練習はT定規を使用した場合にも当然に必要です。ただしフリーハンドの練習は、場所を選びません。小さな方眼ノートがあれば電車の中、会議中、職場の机上、食卓の机、座椅子に座ってTV観ながらなど、細切れの時間を使って練習できます。

そして、これの利点は、現場で即実践できるということです。クライアントにここの間取りを少し変更して欲しいのですけど・・とう質問を受けても、現場でT定規を使って作図というわけにはいきません。フリーハンドでササッと方眼紙に描く建築士は、それだけで信用を勝ち取ります。しかも描いた図面はアートのように見えたらそれだけで、かっこいいものです。

本来の建築士はそうあるべきだと思っています。芸大に建築学科があるように本来、建築学は芸術のはずです。

要は慣れです。文字も形をまねて練習すれば、だんだんとそれに似てくるのと同じように、線の引き方や手首の使い方などがだんだんと洗練されて、美しいフリーハンド図面がひけるようになるものです。それは自分の上達がとてもうれしく感じられる瞬間です。
そして、この技術は、実務に直結しています。そして1級建築士の設計製図試験では、さらに有効に発揮します。

ぜひこの機会に習得し、周囲の受験生より1歩先を進んでください。

2.設計製図試験の採点基準とは
 図面をそれなりに描けるようになったとき、受験生は壁にぶつかります。それは明確な合否判定がわからないからです。

描き終わってみたけれど、
平面計画は、これでいいの。もっと検討したほうがいいの。
「動線が悪い」っていうけど、どこを変えればいいの。
所要室を1つ見落として描いちゃった。もう駄目なの。

設計製図で要求される問題文には、たくさんの事柄が書いてあります。
○○○を設ける。
■■■は南向きに配置。
△△△に配慮すること。
寸法は□□以上とする。
●●●を記入すること。などなど

Aさんは、本番において製図を描き進めるうちに○○○を設けるためには、■■■が南向きに配置できなくなってしまうことに気がつきました。○○○を設けなければ、■■■は南向きになります。Aさんはどうしたらいいか迷いました。そして、エスキスからやりなおすことにして、なんとかエスキスは完成。作図しはじめましたが、平面・矩形図は完成しましたが、梁伏図は、半分ほどしか完成できませんでした。そして、その年は、不合格でした。ランクは?でした。

本番の試験では、何が起こるかわからないものです。Aさんのように途中で問題の読みおとしに気がついて軌道修正を余儀なくされる場合もありますが、試験中に急に体調不良を起こす場合もあります。

B君は、エスキスの途中でお腹の調子が悪くなり、トイレに30分以上はいってしまいました。一度は、復活するも再度の腹痛。今度は15分で戻りましたが、合計で50分近い時間のロスです。でもA君はあせりませんでした。残りの時間でできることをしました。目標は『土俵にあがれる図面として完成』させること。つまり採点してもらえる図面として仕上げることに軌道修正しました。減点はあるのは百も承知で与えられた諸条件に優先順位をつけてその処理を淡々とこなしました。結果、合格でした。

AさんとBさんの違いは何だったのでしょうか。それは、敵を知らなかったAさんと敵を知っていたBさんの違いでした。
練習中は、いくらでも軌道修正がききますが、本番ではそうはいきません。時間も限られています。4時間半でゴールしなければ失格なのですから

問題は、ゴールするために許される範囲を知ることです。ペーパー問題でもいえることですが、確実に点をとれるところでとる。不確定なところは、あまり執着しない。ただそれだけです。

私たちの講座は、『敵を知ること』を学びます。そして、本番で想定されるリスクを設定して課題を描きます。時間の制約・条件違反・問題文見落とし それらを課題作成中に与え、どのように対処するのが最も失うリスクが少ないのかを学びます。

そして、敵を知ることで気持ちにゆとりが生まれます。不思議なもので気持ちにゆとりがうまれると集中力も高まり、勉強効率があがります。時間も少ない時間で集中できることになり、『これでいいのかな』と絶えず自問自答している受験生より、合格のための技術は、どんどん身についていきます。

私たちは、自分が描いた作図答案を交換してお互いに採点しあいます。採点基準は、膨大な過去の不合格答案・合格答案を基に作成した採点基準表をもとにして、作成しているものです。

ここで不思議なことがあります。データ上では、フリーハンドで作成した図面の方が得点率が高いのです。これは、加点評価なのだろうと推測しています。つまり、見やすい図面・アピールできる図面としては、フリーハンドが有利だということでしょう。これは、建築士試験が現場に直結した建築士を求めている試験だということの、根拠といえるでしょう。

少しむずかしくいうと、設計回答作成のうえでの『リスク管理』を学んでもらいます。リスクを修正しないでそのままにしておくことを『リスク保有』といいます。その他リスク対応には『リスク削減』『リスク回避』『リスク移転』があります。

過去の事例からリスクを分析し、対応すべきリスクは特定してあります。それを受講生に伝え、リスクの対応策について、最も効果的な対応方針を身につけて、試験対策を準備していきましょう。

これらを身に付けたとき、私たちは、合格するための武器を手にいれたことになります。検討を祈ります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional