Proffessional Enginner Examination is easy, simple, prease will be great Engineer Professer

植栽、家具の基本練習

植栽、家具の基本練習
 図面を完成するにあたり、植栽などの外構の記入が一切ないものは減点されます。要求図面として『塀・植栽・駐車スペース等を記入する』と明確に指定されるからです。

 また、図面から受ける印象として、植栽や外構の記入のあるなし、得意不得手で『できる図面 VS 普通の図面』との差がでるものです。

 これは実務でも同じです。時間が許す範囲で、植栽や付属物の描き込みは、訓練しておきましょう。

植栽と駐車スペースの描きこみを練習します。

画像の説明

ここで完成させる図面イメージです。
少しの練習で描けてしまうものです。
植栽も駐車場もパターンとして覚えて自分のものに、早くしてしまいましょう。
 

植栽の描き方

植栽1

画像の説明

テンプレートを使用して二つの円を重ねて描きます。1円より図面密度が上がり、植栽に近づきます。

画像の説明

少しだけ飾り付けした場合の植栽です。チョンチョンと点を適当につけて終了です。

画像の説明

円もフリーハンドで描いた植栽です。これば一番速く描けます。慣れですからこれでも十分です。

 
 
 

 
 
 
 
 

植栽2

画像の説明

別の植栽パターンです。薄い線でテンプレートの円を使って
植栽の輪郭を最初に描きます。

画像の説明

その周りに枝・葉っぱをイメージして中心に向かってヒゲを描いていきます。中心に向ってえがきつつも方向を微妙にづらして描くときれいに見えます。

画像の説明

半分以上描きおわりました。

画像の説明

周囲の輪郭線を描かない場合は、テンプレートをのせた上から描きます。

画像の説明

輪郭線がないだけ繊細に見えます。まぁ好みですが。

 
 
 

植栽3

画像の説明

別の植栽パターンです。これもテンプレートを使用して円で下書きを描いておきます。そのサークルを崩さないようにして本描きをします。

画像の説明

完成した植栽パターン3です。広葉樹っぽい印象の植栽として描きこんでください。

画像の説明

もう少し描きこんでみましょう。植栽に立体感をだすために、フリーハンドで印象線を描いて見ます。なんとなくですがそれっぽく見えてきます。

 
 

植栽4

画像の説明

こんな植栽パターンもあります。大きな植栽の周囲に小さな植栽を表現してみましょう。まねして描いてみてください。

画像の説明

完成形です。部分的にこんな風に描くことで、一味違う図面として完成します。たいして時間もかからず描けてしまいますから、電車の中や会議中にノートの端にでも練習してみてください。

 
 
 

 駐車場スペースの作成

駐車スペースの確保

画像の説明

駐車場スペースの基本寸法は、2.5m×5.0mです。これは1級建築士試験でも同じです。2級はマス目を使って描いた方が早いので、上記の寸法に近くなるようにマス目を使って描きます。厳密な寸法にする必要はありません。マス目をうまくつかって(12コマ×6コマ)上手に見せることです。

画像の説明

少し、描きこんでみます。

画像の説明

駐車場としての明確な表示を描きます。通常はこれで十分です。車のサイズは、1.8m×4.0mですが、これもマス目をつかって(4コマ×9コマ)フリーハンドで描いてしまいます。

 
 
 

ここからは、印象点

画像の説明

 わたしたちの塾生は、ここまで描きます。好きな車を自分で用意してくるものです。ここでは私の愛車を描いてみました。

 そして植栽のプレゼンテーション効果をだすために擦筆(さっぴつ)を使います。適当に塗ると密度上がります。芸術系の人たちは、ほんと上手です。わたしも真似してデッサン風に描いてみたりしています。

画像の説明

 こうして、描いたところを擦筆(さっぴつ)でなぞるだけで、ボカシの効果が簡単にだせます。

 
 
 

図面を汚さない工夫

画像の説明

わたし達の練習で。必ず使用している100円SHOPで売っている『日焼け防止用長手袋』です。これを使用することでベタベタにより図面を汚すことが少なくなります。

画像の説明

外構のタイルを描くときには、線のウネウネ感をだすとそれっぽく見えます。最初は、このように毛筆で描くようにすると、うまい具合に線が、ウネウネぶれてくれます。

画像の説明

タイルを描いたら、とびとびに塗りつぶすとそれらしく見えてきます。

 
 
 

完成した図面

画像の説明
完成形です。アピールする図面になってるとおもうのですが、どうでしょうか。何度も練習して自分のものにしてくださいね。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional